プロミスの歴史とは

有名なプロミスの長い歴史について

プロミスと言えば、消費者金融の会社として有名で、テレビCMも放送しています。
その歴史は長く、会社創業は1962年の事でした。
当時はまだ現在の社名ではなく、関西金融株式会社という名前です。
その後、関西商工株式会社を経て、1971年会社は3つに分かれます。
そして合併・社名変更を繰り替えし、2012年SMBCコンシューマファイナンス株式会社へと社名は変更されました。
また現在は、親会社の三井住友フィナンシャルグループの完全子会社となっています。
その規模はかなり大きく、全国各地に店舗を開設しています。
また以前は店舗でしか申込みが出来ませんでしたが、無人契約機を導入して店舗に行かなくても申し込みが出来るようにもなりました。
1983年には、全支店をコンピューターでオンライン化、さらに1987年には今ではもう当たり前のサービスとなっているフリーダイヤルサービスを導入したのです。
1998年には、コンビニでの入金収納代行サービスが始まりました。
こうして、プロミスは次第に現在の形へと時代に合わせて変化し、より便利なサービスを提供する様になっていったのです。
私達が知っている「プロミス」という名前は、実は社名ではなく、その会社が行っている金融事業のブランド名となりました。
既に50年もの長きにわたって運営している事、さらにその間社会は激変していますが絶えず経営を行ってきた事などにより、高く評価される会社となったのです。

関連ページ

東京スター銀行のスターカードローン
東京スター銀行のスターカードローンは一律の金利で、パート・アルバイト・無職の主婦・年金生活者・学生の方もお金を借りる事ができる大変便利なカードローンです。