与信管理とは

与信管理の意味と必要性について

与信管理とは文字通り与信を管理することです。
それでは与信とは何でしょうか。
それは、一言でいうならば相手に対してどれだけの信用を与えるかということです。
ビジネスの世界では、売掛金や買掛金にて取引される商売が非常に多いですが、これはいわゆる「ツケ」であり、金銭と物品とをその場で交換していないので、ちゃんとお金が支払われない可能性があります。
ですので、商売の原則としてはその場で金銭と物品を交換するべきなのですが、例外的に相手の支払いが確実と見込める場合は、その先方への信用の範囲において、ツケ商売を行うわけです。
こういった「この人は約束を破るような人じゃない」、「間違いなく支払い能力はある人だ」という信用を与える行為が転じて「与信」と呼ばれるようになりました。
これはキャッシングの世界でも当てはまり、「お金を貸す」という行為は「お金が返される」ことが見込まれた上で行われますので、一定の信用がないとなかなか貸付は難しいものです。
そこでキャッシング契約を結ぶ際には、必ず金融業者は債務者に対して「約束を守れる人なのか」「嘘をついていないか」「返済の見込は果たしてあるのだろうか」等々、その人物が信用に足る人物なのか、資質や資産状況等の様々なファクターから慎重に審査します。
そして判断された信用度合いに応じて、貸付限度額や金利条件などが決まります。
こうやって、誰に対してもとにかく貸すのではなく、一定の与信情報に基いて金銭貸借契約を行っていくことを与信管理といいます。

関連ページ

元利均等返済とは
返済計画が立てやすい元利均等返済とは? 今すぐ2万円借りたい方へ金融基礎知識を公開しています。
固定金利と変動金利とは
固定金利と変動金利はどっちがお得か? 今すぐ2万円借りたい方へ金融基礎知識を公開しています。
定率リボルビングシステムとは
定率リボルビングシステムの種類と特徴とは? 今すぐ2万円借りたい方へ金融基礎知識を公開しています。
闇金融(ヤミキン)の正体と対策
闇金融(ヤミキン)の正体と対策
ブラックリストとは
ブラックリストの真実を覗いてみよう! 今すぐ2万円借りたい方へ金融基礎知識を公開しています。