ブラックリストとは

ブラックリストの真実を覗いてみよう

日常生活をしている中で、ブラックリストという単語を一度は聞いたことがある人も多いはずです。
これは、消費者金融から借り入れの申込みをしたときに、もう借りることが出来ない状態になってしまったことを指します。
自己破産や債務整理を行った場合に、個人情報に記載されてしまいます。
この状態になると数年は借入を行うことができません。
厳密に言うと、ブラックリストなどというリストはありません。
この個人信用情報に、事故情報有りと記載されてしまったことをいうのです。
個人信用情報は永遠に残るわけではありません。
それぞれの期間において保存期間を設定しており、これをすぎると破棄されます。
個人信用情報の種類はいくつかあります。
一つ目は、申込み情報です。
どの企業にどういった商品をいくらぐらいの金額契約したかという情報が載っており、存期間は6ヶ月です。
二つ目は、クレジット情報です。
実際に、クレジットカードやローンを利用したときに記載されるものです。
借り入れの期間や、返済状況や借り入れ金額といった詳細な情報が載っています。
保存期間は5年間となっています。
三つ目は、利用履歴です。
個人信用情報が照会されたときに記載されます。
どの会社がどのような目的で照会したかがわかります。
保存期間は6ヶ月です。
四つ目は、債務生理です。
債務整理や自己破産の有無を記載したものです。
保存期間はこちらも5年間です。
こうしてみると、個人信用情報にはさまざまなデータ記載されていることがわかります。

関連ページ

与信管理とは
与信管理の意味と必要性について。 今すぐ2万円借りたい方へ金融基礎知識を公開しています。
元利均等返済とは
返済計画が立てやすい元利均等返済とは? 今すぐ2万円借りたい方へ金融基礎知識を公開しています。
固定金利と変動金利とは
固定金利と変動金利はどっちがお得か? 今すぐ2万円借りたい方へ金融基礎知識を公開しています。
定率リボルビングシステムとは
定率リボルビングシステムの種類と特徴とは? 今すぐ2万円借りたい方へ金融基礎知識を公開しています。
闇金融(ヤミキン)の正体と対策
闇金融(ヤミキン)の正体と対策