お金の貯め方とは

封筒仕分けで出費をセーブするお金の貯め方

確実なお金の貯め方は収入の9割で生活する習慣をつけることです。
つまり、毎月1割を貯蓄に回し、残りの9割で工夫して生活をしていきます。
もちろん、早くたくさんの貯金を増やしたいという人は8割、7割という設定をしてもかまいません。
では、残りの9割で生活するにしても、普通にお金を支払っていたらすぐに使い切ってしまいます。
普段よりも1割少ない生活費で生活するのですから、今まで通りでは足りなくなるのは目に見えています。
だからといって家計簿をつけるのは面倒で、記帳を忘れてしまったりします。
そこで封筒による現金管理が簡単に実行できて、お金をセーブするモチベーションを維持できます。
まず、収入から1割分をとり、貯蓄用の口座に入れます。
次に残った金額を、家賃、光熱費、携帯電話代・・・と分けていきます。
家賃など金額が決まっているものは変えられませんが、携帯電話代とか食費とかお小遣いは自分の意思で少なくできます。
よって、収入の9割になるように割り振ります。
割り符たれた金額で銀行口座から引き落とされるものはそのまま口座に残しておき、それ以外のものは項目ごとに封筒に入れて保管します。
そして、支払うときはその封筒からお金を出し、残金がいくらあるのかを把握しながら生活します。
特に普段使う食費やお小遣いについてはA4四つ折り封筒に入れれば、財布にも入りますので、持ち歩いて使えば後何円で生活しなければならないか意識しながら生活できます。
無駄遣いがなくなり、確実にお金が貯まっていきます。

関連ページ

業者からのお金の借り方とは
急な出費がある場合など、業者からのお金の借り方