プロミスから2万円キャッシング

SMBCコンシューマーファイナンス鰍フプロミス

土日・祝日に、その日に借りたい場合

ネット申込&審査通過後に最寄の自動契約機で最短即日融資も可能!自動契約機は22時まで利用可能!(一部21時まで)
自動契約機でのカード受け取りなら基本的に自宅に郵送物は届きません。



実質年率 4.5%〜17.8% 限度額 1〜500
万円
保証人 不要 最短即日融資
も可能

※最短1時間融資



※最短即日融資:お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。


2万円借入可能!会社一覧

休日 詳細情報 金利 融資限度額 融資速度
プロミス 4.5% 〜 17.8% 500
万円
★★★★★
アコム 3.0% 〜 18.0% 800
万円
★★★★☆
東証一部上場のアイフル 4.5% 〜 18.0% 500
万円
★★★★☆
× オリックス銀行カードローン 1.7% 〜 17.8% 最高
800万円
★★☆☆☆
× じぶん銀行 2.2% 〜 17.5% 800
万円
★★☆☆☆
新生銀行カードローン レイク 4.5% 〜 18.0% 500
万円
★★★★☆


キャッシング辞書

外国為替相場を知ると金融世界が見えてくる
国と国との通貨同士の交換比率を決めるのが外国為替相場です。 例えば1ドル105円と言うのは、1ドルを日本円に換算したら105円であるという意味になります。 為替レートは実需のみで決まるのではなく、世界中の投資家・金融機関・ヘッジファンドが投機の対象として相場に参加しているため、経済状況を必ずしも反映せずに期待や恐怖という感情で動くこともあります。 マーケットの特徴としては、土日を除き24時間動いているということにあります。 各国の市場が時差の関係で次々とオープンしていくため、月曜の早朝のオセアニア市場のオープンから始まり、東京、ロンドン、ニューヨークが主な市場として取引されています。 東京が祝日で休みでも香港などの他の市場で取引をされているので、動きが途切れることがありません。 もう一つ知っておくべきことは、ドルを基軸通貨として交換レートが決まると言うことです。 ユーロ/円を例に取りましょう。 ユーロ/円の値段の決まり方は例えば、1つが「1ドルが105円」でありもう一つが「1ユーロが1.38ドル」というドルを中心とした二つの通貨ペアで決まるのです。 この例では1ユーロは何円でしょうか? 1ユーロは1.38ドルです。 1ドルが105円ですから1.38ドルを円に換算すると1.38×105=144.9で144円90銭になります。 したがって1ユーロは144円90銭ということになります。 ユーロ/円と同様にポンド/円、オージー/円、キウイ/円などの通貨は全てドル/円と、他国通貨/ドルを計算することで決まります。 ドルを中心に世界の通貨ペアのレートが決まっていく知っておくと金融世界が分かりやすく見えてきます。