モビットから2万円キャッシング | 今すぐ2万円借りたい方へBest3!

三井住友銀行グループのモビット

三井住友銀行グループのモビット

実質年率3.0%~18.0% 限度額800万円
保証人不要 最短即日融資
※ 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります

詳細・お申し込み

モビットお申し込み・ご契約方法

申し込み方法

  • パソコン、ケータイ、スマートフォンによるWeb契約申し込み
  • 店頭窓口による契約申し込み
  • 近くの銀行・コンビニでご利用可能!
  • 口座振替で返済可能、銀行振込で返済可能、提携ATMで返済可能

どちらの条件で選ぶ!?「2万円借りる」時の【2大条件】     ※ランキング形式で分かりやすい!※

2万円借りる:融資スピード 2万円借りる:低金利

2万即日融資 2万低金利


2万円キャッシング辞書:期限の利益の喪失はどんなものか

多くの人が目的別ローンやキャッシングなどの借入を利用していますが、普段の生活ではあまり使わない金融関係の用語も様々ありますので、よく理解しておきたいものです。 金融用語のひとつに「期限の利益の喪失」というものがあります。 期限の利益がどういったものなのかということになりますが、期限が来るまでは債務の履行を請求されないというように、期限がくるまでは直ちにその金額を払わなくても良いという利益のことです。 期限の期日まで待ってもらえることが利益という意味になります。 債権者の都合で期限を早めることはできません。 そして期限の利益の喪失とはこの利益を失ってしまうことを指し、それがどんなことかとなると、例えば、分割払いで支払っていた場合に、その支払が滞納してしまうことや破産などで直ちに全額返還しなくてはいけなくなるという意味です。 民法では期限の利益を失う場合としては、破産、担保の毀滅、担保提供義務の不履行が定められています。 そして、期限の利益の喪失事由には2種類があり、そのひとつが「当然喪失事由」です。 これは債務者が当然に期限の利益を喪失する自由となっており、緊急事態であることとが多くなっています。 そして、もうひとつの事由が請求喪失事由で、その事由が発生した場合に債権者からの請求があった場合に債務者が期限の利益を喪失することを指すものです。 そして、期限の利益が喪失し、債務の期限が来ると強制執行や差し押さえの着手や相殺が可能となります。

ページトップへ戻る