アコムから2万円キャッシング | 今すぐ2万円借りたい方へBest3!

三菱UFJフィナンシャルグループのアコム

三菱UFJフィナンシャルグループのアコム


実質年率3.0%~18.0% 限度額800万円
保証人不要 最短即日融資

詳細・お申し込み

お申し込み・ご契約方法

  • パソコン、ケータイ、スマートフォンによるWeb契約申し込み (※1)
  • (※1)インターネットでは24時間365日申し込みを受付しています。
  • 店頭窓口による契約申し込み (※2)
  • 自動契約機による契約申し込み (※2)
  • (※2)今すぐにお金を借りたい場合は、インターネット申し込みを行った上で窓口や自動契約機で契約をすると、待ち時間もなくスムーズです。
  • 郵送による契約申し込み

どちらの条件で選ぶ!?「2万円借りる」時の【2大条件】     ※ランキング形式で分かりやすい!※

2万円借りる:融資スピード 2万円借りる:低金利

2万即日融資 2万低金利


2万円キャッシング辞書:キャッシングの申し込み書類をチェック

キャッシングがインターネットから手軽に申し込みができるようになりましたが、よりスムーズな契約のためには予め必要になる申し込み書類をチェックしておきましょう。 まず、一般的に必要とされるのは身分証明書です。 例えば運転免許証、健康保険証、パスポートなどのコピーです。 また、外国人がキャッシング契約をする場合は、永住権(ビザ)が証明書代わりになるので用意しておきましょう。 身分証明書に記載されている本住所と現住所が異なる場合は、現住所を確認できる書類の提出も必要になります。 例えば、住民票の写し、国税や地方税の領収書、電気やガスなど公共料金の領収書など住所が記載されているものであれば問題ありません。 次いで、1社につき50万円を越える借り入れ、または全社合わせて100万円を越える借り入れになる場合は収入証明の提出も必要です。 収入証明書は、所得を証明できるものなら何でも構いません。 例えば、源泉徴収票、給与明細書、確定申告書などの写しです。 身分証明書や、所得証明書もコピーを提出します。 以上が基本的に必要になる書類です。 さて、このほかに専業主婦(主夫)がキャッシング申し込みをする場合は配偶者貸付を利用することになりますので、配偶者の同意書、夫婦の証明となる住民票の写しも必要です。 また、未成年(18歳以上)の借り入れにも、保護者の同意書が必要になります。 予め必要になるものを用意しておけば、申込みのタイミング次第では即日融資も可能です。

ページトップへ戻る